プロフィール

Kaory

Author:Kaory
東京の真ん中あたりで働く
シガナイOL

2009年から2011年、3回に分けて、
世界遺産 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
フランス人の道を歩きました。
Always look on the bright side of life!



ご訪問ありがとうございます!

カミーノの精神
何人にも門は開かれている。
病人にも健康な人にも。
カトリックにも異教徒にも。
ユダヤ教徒、異端者、怠け者、愚か者にも。
聖なる門は心美しき人にも悪しき人にも開かれている。
~ クレデンシアルより抜粋
更新情報
久々に更新再開です(ぼちぼちと)
* * * * *
■2018年1月24日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 巡礼路情報編”

■2018年1月18日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 交通編|各地の空港”
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 宿&代理店編”

■2018年1月17日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 交通編”
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
過去ログ

2018年 01月 【2件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【2件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 07月 【9件】
2010年 06月 【11件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【2件】
2010年 01月 【2件】
2009年 10月 【3件】
2009年 09月 【15件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 01月 【4件】

ブログ内検索
サンティアゴ Now!
サンティアゴ・デ・コンポステーラ
キンターナ広場の直近の映像

Santiago de Compostela: Santiago, Praza Obradoiro
クリックすると
フルスクリーンで表示されます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気軽にどうぞ! お待ちしてます :)
カミーノ友の会ブログ 更新情報
友の会主催のイベント情報など

カミーノ 現在の天気
映像で見るカミーノ

 

 
カポエィラをはじめよう!
カポエィラ・テンポ
  * 新宿本部
  * 笹森道場 (東新宿支部)
  * 渋谷蒲田川崎支部
  * 新橋支部
  * 池袋支部
みんなのカポエィラ・テンポブログ
ABC de カポエィラ・Capoeira総合情報

* * * * * * * * * *

超初級クラスのレッスンの流れ
丁寧な指導で、初めてでも安心です

初心者大歓迎! 生徒募集中!
年齢・性別問わず楽しめます!
アンティーク・雑貨・布ぞうり
 ふっくら布ぞうり~from 陸前高田、南三陸、石巻、東松島~
 British & French Antiques  The Witch's Broom

 東欧雑貨 かもめ屋
RSSリンクの表示
ランキング参加中
ありがとうございます
Muchas gracias!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

【巡礼情報まとめ】持ち物編

巡礼日記の途中ですが、持ち物のまとめです。
3回にわたる旅でブラッシュアップしていった結果がこのようになりました。
ご覧になってお気づきになるでしょう、私はかなり荷物が多いです。
もっと少なくて済む人もたくさんいると思いますよ。
個人差もあるとは思いますが、よろしければご参考にどうぞ。
各回とも 6~8月に歩いたので、夏仕様の準備です。

各項目へジャンプできます
* 基本の衣服
* 日用品
* 装備
* 貴重品など
* その他
* 補足



■基本の衣服 * * * * * * * * * *

* シャツ×3
  ユニクロのドライポロシャツ×3枚。
  やっぱり速乾性のものは便利。
  晴天の日の洗濯ならば何の問題もないのだけれど、
  そうではない場合、乾燥機があったとしてもカラカラに乾く保証はない。
  外国の乾燥機には何度も裏切られているし、湿った服は着たくはないですよねぇ~。
  風邪ひいちゃうしね。
  本格的な山登りではないし、ユニクロの安価なもので十分!

* ボトムス×3
  膝でセパレートになるNORTH FACEの黒パンツ。
  Columbiaのハーフパンツ。
  NORTH FACEのスワロウテイルスカート。
  こちらも速乾性のあるもの。

* インナージャケット
  モンベル U.L.ダウンインナージャケット。
  軽い、暖かい! 8月でも朝晩は冷えます。このテのものは必需品。
  ちなみにフリース着用の人が大部分でした。
  私は小さな袋に収納できて軽い、こっちのタイプにしました。
  フリースって、けっこうかさばるので。
  ※今はユニクロのウルトラライトダウンシリーズなど、もっと手頃に入手できますね。(2014年2月 追記)

* トレッキングの靴下×3足
  スマートウールのトレッキング用靴下&ランニング用靴下。
  NORTH FACEのトレッキング用靴下。
  スマートウールは履き心地抜群。
  これは登山やランニング用の、それなりのモノを用意したほうがいいと思います。
  安価な靴下だと、疲労がすさまじかったです。1年目で経験済み。

* 下着×3セット
  ユニクロのドライメッシュ。すぐに乾いて良い。
  いろんなメーカーからスポーツ用のモノが出ていて、デザインもいろいろですよ。
  私はもう安いやつでいいやと思ってユニクロ。
  機能もいいし、普段もカポエィラの練習で使ってます。

* アフガンストール(薄くて大きなストール)
  すごく重宝しました。
  朝はかなり冷えるのでマフラーにしたり、もっと寒い時はマチコ巻きにしたり。
  マチコ巻き、耳もカバーできるので、すっごく便利です。
  あとはアイデア次第でいろいろ使えます。



■日用品 * * * * * * * * * *

* バスタオル×1枚
  Lifeventureのトレッキングタオル。
  これも速乾性のモノ。湿ったままのタオルは使いたくないですよね。

* 手ぬぐい×2
  頭に巻いたり、首に巻いたり、汗をふいたり、風呂に使ったり。
  2枚あれば十分。

* ハンドタオル×2
  これは不要だという人はたくさんいると思います。
  しかし私には必需品でした。
  手を洗った時、汗を拭く時、ハナミズが出た時(汚)、などなど。

* お風呂セット&洗顔セット
  洗顔とお風呂はDHCベビーソープで補いました。

* お風呂用バッグ
  100均で買った、なんてことないペラペラのモノ。
  朝は洗面台の争奪戦があるので、このバッグに洗顔道具一式を詰めておいて、
  起きたと同時にバッグひとつ持って洗面所へ。

* くし

* 日焼け止め
  顔と体、どちらも使えるタイプ。

* S字フック・カラビナ
  S字フックは外国勢から大好評でした。
  カラビナはバックパックに装着。いろんなものをぶら下げて歩くので。

* 物干しロープ
  ブライトンで買ったゴムのやつ。
  ゴムのロープのほうが、ベッドに括り付ける時など、紐タイプよりも使いやすいです。

* ミニ物干し(洗濯バサミがたくさん付いているアレです)
  大活躍してくれました。

* 洗濯ネット
  なくてもよかったといえば、よかった。

* ひも付き洗濯バサミ 20コくらい
  20コ持参は多かったか? いやいや、私にはちょうど良かったです。ひも付き、というのがミソ。

* ペットボトルに入れた洗剤
  洗剤は必要です。

* トイレットペーパー
  montbellのO.D.ロールペーパーキット。
  正直 あんまり使わなかったなぁ、ポケットティッシュ持参でOK。

* 爪切り
  日本のものが一番。

* 足マッサージ用の無印良品のオイル
  足裏マッサージするだけで、疲れ方が全然違いますよ!

* ボルダースポーツ(旧ディクトン)
  足に塗りこみ、その上から靴下を。
  お肉刺ちゃん防止に効果があったと思ってます。
  というのも、巡礼2年目はめんどくさくなって、ほとんど使わなかったんです。
  そしたらまぁひどいお肉刺。
  最終回は毎朝出発前にせっせと使い、ベタつきを抑えるベビーパウダーも併用。
  小さいお肉刺はできましたが、快適さが比べものにならなかったです。

* 救急セット・薬・裁縫道具
  風邪薬(カネボウ葛根湯)・胃腸薬(太田胃散)・痛み止め(バファリンみたいなやつ)・
  処方してもらった膀胱炎の薬・化膿止めの塗り薬(クロマイP)、Compeed(お肉刺用)、
  アレルギー性蕁麻疹の塗り薬も。(持病?)
  2回目は予想外の歯痛に悩まされ、持参した痛み止めが足りなくなりました。
  薬局で相談したところ、現地の薬を勧めてもらって、これが怖いくらい効いた!
  裁縫道具は服を縫う時はもちろん、お肉刺処置にも使います。
  糸を通した針をお肉刺に刺し、糸を抜き取らずに置いて 水抜きをしましょう。

* 虫除け(南京虫に効くもの)
  サラテクト。これはもう私のたっての希望で持参。
  南京虫の被害にあうことはありませんでした。でも、被害者にはたくさん遭遇しました。
  ベッドバグにやられてこそ巡礼、と言われましたが、そんなのはイヤです。
  ちなみに現地の薬局に行けば、南京虫用の薬がすぐに手に入りますよ。
  こんなものを持ってきている巡礼は私ぐらいでしたが。

* お灸
  せんねん灸。
  1年目はとっても役立ちました。なんせ体力無し子だったから。
  しょっぱなのピレネー越えでクタクタになり、ログローニョまでの毎日、お世話になりました。
  2年目、特に3年目はある程度鍛えたうえでの巡礼だったため、お灸せずとも乗り切りました。
  お灸をすえていると、非アジア勢には珍しい光景のようで、ちょっとした話のネタにもなります。
  ※現在はすっかりお灸愛好家となり、毎日せっせとお灸活動してます。お灸は良い!(2014年2月 追記)

* アミノ酸の粉末
  1年目は体力に自信がなかったので、持参しました。
  今考えると、なくてもよかったのかな?(すぐに順応?して、体力がもりもりになったので)
  3年目は直前までカポエィラで鍛えていたので、体力については問題皆無。Obrigada。

* 使い捨てマスク×日数分
  乾燥・風邪予防はもちろんのこと、私の場合はヨダレ予防という重要な任務が!
  しかしマスクして寝袋にくるまっているところを見た外国の友達はびっくり。
  かなり異様な姿だったとのこと。そんなもん、かまってられるかー!

* 耳栓
  アルベルゲには夜になるとモンスターが現れるので、耳栓があるとある程度の安眠は確保できるかと。
  現地でももちろん買えます。
  でもなんとなく日本のモノのほうがいいかなって思ってしまいます。
  だって、スペインで売ってるやつ、練りケシみたいだったんだもん。

* ゴミ袋(大)
  ゴミ袋をバックパックに入れて、内袋のように使う。で、そのゴミ袋の中に荷物をパッキング。
  これ、自分ではかなりイケてたと思ってます。
  雨に濡れても、バックパックの中の物は袋でガードされているので安心です!
  つるつるしているのでスタッフバッグが滑りやすく、パッキングもラクだと思いますよ。



■装備 * * * * * * * * * *

* レインジャケット
  Columbiaのキップリングジャケット / NORTHFACEのドットショットジャケット。
  ゴアテックスのものを・・・と考えてはいたのですが、そんなに頻繁に山登りとかしないし、
  巡礼中も毎日雨ってわけではなかろうと思い、お手頃なモノを。
  NORTHFACEのドットショットジャケットはギンガムチェックのカワイイモノにしました。
  これなら日本でも雨の日に使えると思って。

* レインパンツ
  montbellのトレッカーパンツ。
  3回目にしてようやく持参した、レインスーツのボトムス。
  1・2回目はレインパンツ無しで、ゲーターのみで通したんですね。
  で、最終回に持って行ったものの、じつは1度も履かなかったという。
  第1回目が一番必要だったかな~、けっこう雨に遭いました。
  まぁ、無ければ無いでなんとかなるもんでした。
  ちなみに外国勢(主にヨーロッパ)、膝の高さまで全身すっぽり覆うことができる、
  カーキ色の巨大ポンチョを使っている人がかなりいましたよ。

* サポートタイツ
  skins×2。
  サポートタイツを穿いてる人って、巡礼中は日本人ぐらいでした。
  韓国人もチラホラいたかな?
  なんでみんな穿かないんだろう? これも疲れ方が全然違います!

* skinsのパワースリーブ
  これはねー、使ってたのは私ぐらいでした。
  一度、パワースリーブ無しで、カミーノの練習で家から会社まで歩いたことがあるんですけど(15kmぐらい)
  到着した時、腕がだるくてだるくてやばかったです。
  それと、日焼け防止にもなるし、着心地ひんやりで快適だし、手放せなかったです。
  日焼け防止という意味では、韓国の子たちは長袖を着てました。

* バックパック
  GRANITEGEARのメリディアンヴェイパーki 48L。色はサルファー!
  かなり気にってます。
  バックパックを買うときは、実際に背負ってみて、よーく吟味するといいですよ。
  自分の体に合わないモノに10kg近い荷物を入れて、毎日歩くのは苦行です。
  これは靴にも言えること。

* ザックカバー
  愛用のカリマーの50リットル用。
  メリディアンヴェイパーにはザックカバーが付属してなかったのでした。
  メーカーによって付いているものがあるので、要確認!

* 靴
  KEENのタージー2。3年間ありがとう。

* サンダル
  最初はビーチサンダルを使ってたのだけど、鼻緒が当たる部分にお肉刺ができたため、つらかったです。
  で、tevaのハリケーンに鞍替えしました。履きやすかった!
  巡礼者の間でも、このtevaタイプが主流でした。

* 寝袋
  montbellのU.L.スパイラルダウンハガー#5。
  軽い、あったかい!
  でも、毎朝のパッキングがめんどくさかった!
  翌年からはちょっと大きめのスタッフバッグを使いました。ラクちん。
  ※後日、アウトドアショップのスタッフさんに聞いたところ、
   きちんと畳まずに無造作にぐいぐいスタッフバッグに詰めてしまえばOKということが判明。ありゃほんと。

* 銀マット
  さかいやのオリジナル銀マ。必需品ではないのでショートタイプ。
  結局、一度も使いませんでした。
  軒先就寝の危機もありましたが、外で寝る人にはマットを貸し出してくれたりしてました。
  要らなかったのかなー、サンティアゴで捨ててきました。南無。

* ヘッドランプ
  ペツルのティカ。
  夜、消灯後と 朝の準備中で必需品。
  夜明け前に歩き出す場合も。

* サングラス
  おしゃれデカサングラス、安いやつ。すぐ落っことすから高いものはもったいない。
  カミーノでは少数派のデカサングラス(スポーツタイプ多し)、おかげですぐに覚えてもらえました。
  日差しを遮るという点では、安価なもので事足ります。

* アーミーナイフ
  ビクトリノックスのツーリスト。
  あまり出番はなかったけど、やっぱり必需品であると思います。
  バゲットやハムなどをランチにする人は特に。

* 帽子
  kavuのバケットハット。頭がでかい+手ぬぐいをかぶるのでLサイズ。
  カンカン照りで帽子無しキツい!
  それに少しの雨ならしのげるしね。

* 手袋
  アクシーズクインのしっかり丈長めタイプ。
  手袋を使ってる人は超少なかったです。
  でも手は汚れないし(歩いていると埃などでけっこう汚れるものです)、日焼け防止にもなるし、
  さりげなくハナミズも拭けるし、なんでみんな使わないんだろう?
  サンティアゴに到着した時は、穴ぼこだらけでボロボロでした。

* ゲーター / スパッツ
  晴れの日は砂が入るのも防げます。暑い日はムレるけど。
  メセタ通過中、ひどい雨に降られたけど、泥んこ道もガシガシ歩いて、ほんとに役立ちました。
  使っている人は少なかったです。

* トレッキングポール
  montbellのT字。
  スキーのストックタイプのポールが大多数でした。でも私はT字が合ってました。
  ポールは現地でも売っていますし、木の枝を杖替わりにするのもオツなものと思います。
  私はポールがなかったらキツかったなーと思います。

* 緊急時の笛
  お守りみたいなもんです。海外旅行のときはたいてい携行。
  日の出前に歩いている時、真っ暗闇すぎて怖くてピーピー吹いたことがあります。

* GRANITEGEAR エアポケットとかエアバッグとかエアペアーとか
  つるつるでパッキングに便利。
  仕分けをしてオーガナイズしておくとパッキングも早いし、気分もいい。

* PRO-TEC ATHLETICS Knee Pro-Tec/PT ニープロテック
  三鷹Hiker's Depotにて土屋さんに使い方を聞き、即購入。
  膝が悪いんですけど、カポエィラしているうちに鍛えられ、今では無くても大丈夫。



■貴重品など * * * * * * * * * *

* ミニバッグ
  肩にも掛けられるような手提げを持って行ったこともありましたが、
  結局ショルダータイプが使い勝手が良かったです。
  ウェストバッグでも便利だと思います。

* カメラ
  コンパクトデジカメを持参してましたが、やっぱり最後はいい画質で!と思って最終回でデジタル一眼を購入。
  満足、満足♪

* メモリーカード
  8G。予備で4Gを携帯したけれど、使わなかった。(2週間の巡礼で)
  800kmを一気に歩く人、枚数が多い人、動画もよく撮る人はもっと必要かも。

* カメラの充電器

* サスコム
  海外旅行用 プラグアダプター。
  みおじんは三又プラグも持ってきてました。私のサスコムに便乗してた。ちゃっかりさん。
  こやつ・・・できる・・・!

* メモ帳
  ちっちゃいやつ。

* 筆記用具

* ガイドブック
  必要なところだけコピー。
  私は友の会のガイドブックを。みおじんは中谷光月子さんの本を。

* お財布

* 携帯電話
  auの古いモデルユーザーだったので、海外用をレンタルしました。
  3年目はiPhoneも持参(2台持ちなのです)、ブログをアップしたりつぶやいたりしました。
  iPhoneで通話はしなかったけど、お金かかった。もっとwifiを活用すればよかった。
  携帯は必要ないかなーとも思ったのですが、相棒と常に一緒にいたわけではないので、連絡用に。
  最終回は仲間たちと頻繁に連絡を取ったので、持参してよかったと思っています。

* 国際キャッシュカード
  新生銀行のと三井住友銀行の。

* インターネットバンキングのカード
  万が一のため。

* クレジットカード
  持たない主義だったけど、結局3年目に作った。

* 国際電話のカード
  愛用のクリッカ。
  ※その後、以前よりも使い勝手が悪くなり解約しました。

* パスポート
  忘れちゃダメ!

* パスポートのコピー

* 航空券



■その他 * * * * * * * * * *

* 行動食
  ドライフルーツ。現地であまり手に入らなった。
  みんなは食べてたのに、なんで? 一体どこに売ってたんだろ?
  酢こんぶや茎わかめという、スッパイ系の純和風のおやつもいいですよ。

* iPod
  要不要は人によりけり。私は持参しました。



■補足 * * * * * * * * * *

* クレデンシアル
  日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会で発行しているので、事前に入手が可能です。
  または現地で発行ですね。
  私はフランス版・スペイン版・イギリス版・日本版を見ましたが、
  イギリス版がノートのように大きくてびっくりしました。
  あと、2010年の聖年バージョンを持っています!

* ドライヤー
  以前、こちらのブログで質問を頂いたこともありますが、
  ドライヤーがあるかないかというのは、女性にとっては気になるところ。
  結論としては、夏に歩くのでしたら まったく必要ないです。
  シャワーの時間は、ほとんどの人がアルベルゲに到着した直後、つまり午後。
  ドライヤーで乾かさなくても、スペインの強い日差しのおかげで すぐに乾きます。
  山で雨、だったらそうはいかないのですが、夜 寝る頃にはだいたい乾いています。
  小さい旅行用ドライヤーを持参している猛者も見かけましたが。(ヨーロピアンでした)
  私も髪が長く、とても気になっていたポイントだったのですが、
  けっこうなんとかなることだったなぁ、と思います。
  ※寒い時期の巡礼の場合はまた事情が異なるかも知れません※

* 重量
  私のバックパック総重量は だいたい7~8kgでした。
  帰る時はおみやげなどで増えて、10kgいくかいかないか。
  でも私が話したヨーロピアンたちは7kg以下がほとんどでした。
  中にはキャンプ用のクッカーや、ジャム瓶やらを詰め込んで16kg、という人も。
  これはねー、みんなが「クレイジーだ」と言ってました。笑
  ちなみにあかりん、スタート直後は20kgを背負っていたとのこと。うわー!
  すぐに不要なモノは捨てたそうです。

* 持って行ったけど使わなかったモノ
  ①カトラリー
    スペインのイサベルという缶詰のサラダが好きで いつも食べるんですけど、
    小さいフォークが付いているので、コレを旅の間は持ってました。
    アルベルゲでは食器類が借りられるし、特に持参することはなかったかな、と。
  ②キャンプとかで使う、バッグ型の携帯バケツ。
    アルベルゲで洗濯する場所の争奪戦があるから持って行ったほうがいい、
    とオススメされたんですが、全然出番がなかったです。まったくのムダ。
    洗濯が混んでても、ちょっと待てば順番がまわってきます。

* 持って行ったけど出番が少なかったモノ
  コップ。
  snowpeakのマグカップ。唯一使ったのは、イラーチェでワインを飲むときのみ。以上!





関連記事

タグ:サンティアゴ・デ・コンポステーラ スペイン 巡礼 巡礼情報

            

Comment

はじめまして。
今年の4月に初巡礼に挑む予定で、こちらのブログを何度も拝見させて頂いておりました。

ちょうどグッズを買い揃えていたところなので、持ち物リスト・ファイナル、すごく参考になります。

終盤のアルベルゲ争奪戦がかなり気になるので、引き続き更新楽しみにしております!

>kchyさん

>kchyさん

はじめまして、メッセージありがとうございます!
出発まであと3ヶ月ですね、うきうきわくわくですね♪

私の場合、8月15日にゴールできるように歩いていたので、
巡礼者の数が普段より多かったかもしれません。
どうしてもボタフメイロが見たくて、聖母被昇天の日であるこの日を狙いました!
ゴールまでの焦りの日々(?)を綴っていきますね。

持ち物リスト、お役に立ててうれしいです!
もうちょっと情報を付け足してみたいと思っていますので、またご覧くださいね。

kchyさんはどのルートを歩かれるんですか?
春の巡礼もステキなんでしょうね。
出発までの準備、どうぞ楽しんでくださいね!
私も巡礼日記、ちゃんと書きます。^-^

>パワースリーブ、まねして着けてみましたが、あれは素晴らしい!
ザック背負ったまま付け外し出来るし!

>サポートタイツ。これは私には合わなかったです。暑がりなんで・・・

>使い捨てマスク。のどが弱いので、これは必需品でしたね。あ、現地の薬局で買えるか?

>andre-qくん

>andre-qくん

おー、タイツ合わなかったdeathか。
こればっかりは人それぞれよね~。
スリーブよいよね、アレのおかげでみんなに覚えてもらえたりもしました☆

何を準備すればよいか、これは旅への影響が超大きい!
お互いお先にやり遂げた者として、これから旅立つみなさんのお役に立てればうれしいね!

お久しぶりです

お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。
おお重量これだけのも入っていて8Kg弱ですか。素晴らしい。私の場合空港カウンターで測ったら11Kg びっくりしました。
現地で水ボトルと食料を詰め込んで歩いていたので12Kgでした。
バルなどで友達のリュックを持ち上げても大体同じ位でしたね。
行く前は10Kg程度にしょうと思っていたのですがパソコン1Kgが入ったのでしょうがないです。
リュックは息子のものを借りたのですが 最近のものは腰でしっかり受けるので肩が痛いという事はなく助かりました。
タイツ これは良かったです。疲れが翌日にたまらず助かりました。
パワースリーブ これもよさそうですね。
順礼には疲れを持ち越さないのが一番です。

次回行く時にはリスト参考にさせて頂きます。

>kenjiさん

>kenjiさん

お久しぶりです、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします!
出発時に重量を抑えても、現地で持ち歩く水がけっこうなウェイトになってしまうんですよね。
あればかりは仕方なく、私も大きなペットボトルを毎日調達してました。
家財道具?一式を背負って半日歩きっぱなしの旅なので、最重要装備はやっぱりバックパックですよね。
「バックパックは肩ではなく腰で支える」と聞きました。
1年目は男性用を使っていたので腰の位置が合わず、違和感を覚えながら旅していました。
翌年、女性用のものを新調するとまぁ快適!

そうそう、事後報告で申し訳ないのですが、kenjiさんのブログにリンクを貼らせていただいちゃいました。
今後もよろしくお願いします!

>kaoryさん
今のところ、アラゴンの道からフランスの道に合流しようかなと思ってます。
ですが気が変わってピレネー越えしたくなるかもしれないし、まだ先ですし、一応未定ですw

>kaoryさん、andre-qさん
なるほどパワースリーブそんなに良いのですね!
もともとインドア派なので、巡礼が終わったら二度と使わないかもと思って二の足を踏んでたのですが、そんなに良いなら買ってみようかしら。。。
結構お高いんですよねorz

>kchyさん

>kchyさん

アラゴンルートもいいですね!
ピレネールートほど人が多くなく、静かな田舎道のようですね。
ソンポルトからやってきたというカミーノ仲間に写真を見せてもらったのですが、素敵な風景でしたよ。
ちなみにそのカミーノ仲間、その時が3回目の巡礼で御年68歳。
かわいくて元気で几帳面なイタリアおじじで、今もメールで連絡を取りあってます。

予定は未定、気の向くままに旅を楽しんでくださいね。
じつは私も次回は北の道を、と思っていたのにいつの間にやらポルトガルルートが気になってます。
と言いつつ、結局フランスルート再びになる予感も。w

パワースリーブ、私も値段を見て一瞬怯みました。

始めまして

始めまして!
来週、フランス人の道をスタートさせる予定で、準備のためにこちらのブログを何度も読ませていただきました。
大変参考になって本当に助かりました。

私は33歳女1人旅、しかも初のヨーロッパで一気にゴールまで行く予定で、かなり不安はありますが、4年間のアメリカ留学で身につけた度胸を武器に頑張ってみようと思っています。

こちらの準備編のページ、ブックマークにして何度開いたことか…(笑)

本当にありがとうございました!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。