プロフィール

Kaory

Author:Kaory
東京の真ん中あたりで働く
シガナイOL

2009年から2011年、3回に分けて、
世界遺産 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
フランス人の道を歩きました。
Always look on the bright side of life!



ご訪問ありがとうございます!

カミーノの精神
何人にも門は開かれている。
病人にも健康な人にも。
カトリックにも異教徒にも。
ユダヤ教徒、異端者、怠け者、愚か者にも。
聖なる門は心美しき人にも悪しき人にも開かれている。
~ クレデンシアルより抜粋
更新情報
久々に更新再開です(ぼちぼちと)
* * * * *
■2018年1月24日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 巡礼路情報編”

■2018年1月18日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 交通編|各地の空港”
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 宿&代理店編”

■2018年1月17日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 交通編”
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
過去ログ

2018年 01月 【2件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【2件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 07月 【9件】
2010年 06月 【11件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【2件】
2010年 01月 【2件】
2009年 10月 【3件】
2009年 09月 【15件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 01月 【4件】

ブログ内検索
サンティアゴ Now!
サンティアゴ・デ・コンポステーラ
キンターナ広場の直近の映像

Santiago de Compostela: Santiago, Praza Obradoiro
クリックすると
フルスクリーンで表示されます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気軽にどうぞ! お待ちしてます :)
カミーノ友の会ブログ 更新情報
友の会主催のイベント情報など

カミーノ 現在の天気
映像で見るカミーノ

 

 
カポエィラをはじめよう!
カポエィラ・テンポ
  * 新宿本部
  * 笹森道場 (東新宿支部)
  * 渋谷蒲田川崎支部
  * 新橋支部
  * 池袋支部
みんなのカポエィラ・テンポブログ
ABC de カポエィラ・Capoeira総合情報

* * * * * * * * * *

超初級クラスのレッスンの流れ
丁寧な指導で、初めてでも安心です

初心者大歓迎! 生徒募集中!
年齢・性別問わず楽しめます!
アンティーク・雑貨・布ぞうり
 ふっくら布ぞうり~from 陸前高田、南三陸、石巻、東松島~
 British & French Antiques  The Witch's Broom

 東欧雑貨 かもめ屋
RSSリンクの表示
ランキング参加中
ありがとうございます
Muchas gracias!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

2011年度巡礼日記 #14 8月14日(日)

サンタ・イレーネからモンテ・ド・ゴソ、ゴールまであと4.5km
19km

起床、ダイニングに荷物を運んでパッキングをしていると、マスミさん登場。
「おー、ここに泊まれてたんだね!」と喜んでくれました。ありがとう!
いよいよラストだねー、と話していると、
部屋に入ってきた外国の巡礼がマスミさんを見つけて「マスミ!?」と驚きの声。
しばらく会えていなかった巡礼仲間のようで、2人ともハグをして再会を喜んでいました。
この光景は巡礼中、いたるところで目にしますが、
その度に自分のことのようにうれしく、目頭が熱くなるものです。
カミーノっていいな、としみじみ思いました。

さて、今日は20kmも歩かないもんね~ふふふ~ん♪
と余裕をぶっこいてチンタラ準備をしていたら、あっという間にビリっけつに。
後から追いつくので、とみんなには先に行ってもらいました。

森の中を1人で歩きます。
モホンが示すサンティアゴまでの距離も、どんどん近づいていきます。
明日はサンティアゴまではたったの4.5km、巡礼路らしい「歩く旅」の行程は今日で最後。
今まで歩いてきた道が思い出され・・・ることはここではなく。
まずはみんなに追いつくことが先決なのだ!

朝イチからハイペースで歩き、30分ほどでやっとこさっとこみんなに合流。
右か左か、どっちの道を行くかで ちょうど立ち止まってるところでした。
「左は舗装道路、右は森の中。どっち?kaoryが決めて!」と言うので、「右!」と独断。
そしたらなかなかバルがなく、ちょっとブーブー言われました。
  知るか!
とイラっとしたところでバル発見。よかったー。

今日は天気が下り坂。最後の最後で雨はやだなー。
と思いつつ、ザックカバーを装備。
カッパとゲーターも着用して準備万態、出発です。

道はだんだん森の中から開けたところへと変わってきました。
いよいよ、ガリシア州の州都へと近づいているのが実感できます。
ラバコージャの近くになると、ヘンテコな電柱のようなものが並ぶ横を歩きます。
これはサンティアゴ・デ・コンポステーラ空港の誘導灯。ああ、いよいよサンティアゴ!
4日後にはここからマドリードへ戻るのです。しょぼん。

雨が降ったり止んだりの中、今日はアンドレアとあかりんと話しながらの道のりです。
お互いに悪い言葉を教え合ったり、バカ話をしたり、たくさん話しました。
アンドレアは日本語に興味を持っていて、教えた言葉はおもしろいようにさくさくと覚えて、
これは本格的に勉強したらすんなりとマスターするんだろうな、とうらやましい限り。
英語もいわゆる「Spanglish」ではなく、とてもきれいなアメリカ英語を話します。
「アンドレアは英語もすごく上手だよね!」と言うと、
「それはね、英語が話せるようでないと、大学を卒業してもいい仕事に就けないからだよ。
 それに英語だけじゃまだダメ、もっと能力を身につけないと」と大学生のアンドレア談。
スペインの厳しい雇用状況を思い知りました。

アスファルトの上に「Muchos cojones!」というメッセージがあり、アンドレアに意味を尋ねると
「Animo(頑張れ)よりももっと、めちゃくちゃ頑張れ!っていうときに使うんだよ」と教えてくれました。
おおっ、いいねソレ。使おうじゃないか。
その後は歩きながら、「Muchos cojones!」を大声で連発。
じつはこのスラング、あまりお上品ではない言葉。
でもアンドレアも楽しそうに叫んでるので、私も言ってしまおう。Muchos cojones!!

途中でほとんど休むことなく、霧雨のような細かい雨の中を歩いていると、道はだんだんと丘へと向かいます。
もしかして、もしかして? 例の丘に近付いちゃってるってやつ?
前方のバルというか、売店のようなところでボラージュとサンドロが待ってました。
期待的中、モンテ・ド・ゴソに到着ー、バンザイ!
丘の上には先代のローマ教皇、ヨハネ・パウロ2世がいらした時の記念塔があります。
あかりんとアイスを食べながら記念撮影。
「こんな寒いのにアイスを食べるなんて、日本人はクレイジー」と言われようが、こんなときはアイスなのだ。
アイスを掲げてポージングだぜ。

アイス撮影も済み、巡礼者の銅像が立つ歓喜の丘へ。
丘からはサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂が見えます。
長い道のりをはるばる歩いてやってきた巡礼者たちはこの丘に駆け上がり、
遠くに見えるカテドラルを眺めて喜びに包まれた、という丘です。
かつてはカテドラルの尖塔がクッキリとわかったであろう景色は、
今はたくさんの建物にまぎれて、どれがカテドラルなのか なかなかわからなかったです。
が、ちゃんとわかりましたよ。(イマイチ自信ナシ)
思っていたほど「あれか!」という驚きはなかったのですが、
みんなで「ついに来たね」とウキウキのような、寂しいような気持ちになりました。

歓喜の丘からアルベルゲの事務所まで、軽く道に迷いつつ(よくわからなかった!)、
ようやくたどり着くと、順番待ちの長い列。
地べたに座り込み、おしゃべりしていると みおじんから電話がかかってきました。
なんとみおじん、モンテ・ド・ゴソを目指して歩いているというではないか!
あんなに脚を痛めていたのに、今日は朝から絶好調でガツガツ歩いているという。
というのも、今まで薬に頼るのがなんとなくイヤで、痛み止めの類は一切飲まなかったのだけれど、
ロブに「飲んでみて」と分けてもらった薬が劇的に効いたらしく、これっぽっちも痛まないとのこと。
「最初から飲んでおけばよかったわー。ということで、そちらに合流しまーす」だって。
よかったよかった。

ゴソのアルベルゲは超巨大、収容人数は500人を超えるということで、
一体どんなアルベルゲ?と思っていたのですが、
国民休暇村的なところで、学生時代に自然教室とかで泊まった施設と似たようなものでした。
1部屋は定員8人。
あかりん・みおじん・サンドロ・ボラージュ・アンドレア・エド(バルセロナ男子)・フン・私、一部屋占拠。
みおじんも後からやってきました。
ロブも一緒に来るはずだったんだけど、またもや悩みに悩んだ挙句、
ダビさんご一行の待つサンティアゴへ向かったとさ。
「明日の朝、ゴソまで迎えに行くからね」と電話がありましたが、なんだそりゃ。

お風呂を済まし、カフェテリアに行ってみんなでぐうたらぐうたら。
そんな中、サンドロやボラージュは帰りのフライトなどを検索したり、空港までのバスの時間を調べたり。
エンディングが近づいている、ということをまた感じ、しょぼくれました。
でも泣いても笑っても明日でおしまい、じゃあ笑って行こうじゃないか。

夜ごはんは併設のレストランへ。
団体さんが何台ものバスで乗り込んできて、レストランは長蛇の列。
ちょっと早めに行っておいてよかったー。
その団体さん、100人を超えているであろうブラジル人の若者のグループでした。
何でブラジル人かってわかるかというと、もう一目瞭然。国旗がどーん!だから。
中にはプシャーダ・ジ・ヘージで使うような大きな麦わら帽子をかぶっている人も。
わー、話したい!
しかし、あまりの大人数にしり込みしてしまい、話しかけられず。無念。

さてみんなでごはんです。
オルガ・ボラージュ・みおじんと4人で
「今までの人生で自分がした、もしくは してもらった、ロマンチックなことは何か」という話題に。
スペイン人オルガとハンガリー人ボラージュの話を聞き、日本人の2人は「!?」と度肝を抜くばかりでした。
こ、こっ恥ずかしい。これは映画の中の話か?
オルガとボラージュはお互いの体験談に「うんうん、わかるわ~。いいよね~、ステキ~!」
と意気投合してましたが、
みおじんと私の感想は「カーッ、かゆいかゆい!歯が浮くぜ!恥ずかしーわー」でした。
この反応、ヨーロッパの2人は理解できなかったようです。
一応、私たちは日本人の中でも変わっている類である、と断っておきました。
変な日本人のイメージが蔓延するのは食い止められたかと。
それにしても聞いててこそばゆい話ばかりで、むしろ楽しく聞けました。
聞くばかりで披露できるネタは皆無。つまらないじゃろう、すまんね。

ごはんを終え、みんなはタバコ一服タイムというのでみおじんとプラプラしながら部屋に戻りました。
アルベルゲで過ごす最後の夜です。
今まで長いようであっという間だったね、と再度しみじみしました。
明日はアンドレアがオスタルを予約してくれたので、あかりん・みおじん・私の3人で泊まります。
あとのみんなは別のオスタル。
寝るまでの、みんなであーだこーだと話しながら過ごす時間がいつまでも続けばいいのに。

おまけ。
マスクをして寝袋にすっぽり入り、その姿ミイラの如し、というような状態でいる私を見て、みんながゲラゲラ。
そんなに変???



関連記事
            

Comment

さー、いよいよリーチかかっちゃいましたね!
泣いちゃった?

真夏でも、雨だと寒いのか・・・
スペインきの気候はわからんねぇ

>andre-qくん

>andre-qくん

ゴソからカテドラルを眺めても、
「あれがサンティアゴか!」っていうようなハッキリした景色でもなかったので、
決定的なリーチ感はなかったのだよね。
でも、いつもとは一風変わったアルベルゲだったり、
帰国の手配をする仲間の姿だったり、
そんなのを見ていると、なんとなくエンディングなのかしら、とぼんやり思ったことでした。
ちなみに、2011年はここまで1度も泣いておらんです。
2010年はよく泣いてたなぁ。

8月の北スペイン、あなどれないぜ。
寒いからー!
アンダルシアは40℃近いのにね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。