プロフィール

Kaory

Author:Kaory
東京の真ん中あたりで働く
シガナイOL

2009年から2011年、3回に分けて、
世界遺産 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
フランス人の道を歩きました。
Always look on the bright side of life!



ご訪問ありがとうございます!

カミーノの精神
何人にも門は開かれている。
病人にも健康な人にも。
カトリックにも異教徒にも。
ユダヤ教徒、異端者、怠け者、愚か者にも。
聖なる門は心美しき人にも悪しき人にも開かれている。
~ クレデンシアルより抜粋
更新情報
久々に更新再開です(ぼちぼちと)
* * * * *
■2018年1月24日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 巡礼路情報編”

■2018年1月18日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 交通編|各地の空港”
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 宿&代理店編”

■2018年1月17日 --- Updated
“【巡礼情報まとめ】巡礼お役立ちリンク集 交通編”
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
過去ログ

2018年 01月 【2件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【2件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 07月 【9件】
2010年 06月 【11件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【2件】
2010年 01月 【2件】
2009年 10月 【3件】
2009年 09月 【15件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 01月 【4件】

ブログ内検索
サンティアゴ Now!
サンティアゴ・デ・コンポステーラ
キンターナ広場の直近の映像

Santiago de Compostela: Santiago, Praza Obradoiro
クリックすると
フルスクリーンで表示されます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気軽にどうぞ! お待ちしてます :)
カミーノ友の会ブログ 更新情報
友の会主催のイベント情報など

カミーノ 現在の天気
映像で見るカミーノ

 

 
カポエィラをはじめよう!
カポエィラ・テンポ
  * 新宿本部
  * 笹森道場 (東新宿支部)
  * 渋谷蒲田川崎支部
  * 新橋支部
  * 池袋支部
みんなのカポエィラ・テンポブログ
ABC de カポエィラ・Capoeira総合情報

* * * * * * * * * *

超初級クラスのレッスンの流れ
丁寧な指導で、初めてでも安心です

初心者大歓迎! 生徒募集中!
年齢・性別問わず楽しめます!
アンティーク・雑貨・布ぞうり
 ふっくら布ぞうり~from 陸前高田、南三陸、石巻、東松島~
 British & French Antiques  The Witch's Broom

 東欧雑貨 かもめ屋
RSSリンクの表示
ランキング参加中
ありがとうございます
Muchas gracias!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

【巡礼情報まとめ】巡礼用語集

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路にまつわる用語をまとめてみました。
とりあえず思いついたものからアップします、なのでまだスカスカ。
また思い出したら追加しますね。


各行にジャンプできます。
  あ行  か行  さ行  た行  な行
  は行  ま行  や行  ら行  わ行  その他


■あ行 * * * * * * * * * *

* アニョ・サント / Año Santo
   「聖年」の項 参照。

* アルベルゲ / albergue
   巡礼者向けの宿。
   教会・協会がなどが運営する公営アルベルゲと、私営のアルベルゲがあります。 
   多くのアルベルゲが1泊5~10ユーロほど、または寄付で宿泊できます。
   ほとんどがドミトリーとなっていて、巨大なものだと500人ほどが宿泊できる施設も。
   夕食や朝食が付いているところもあります。

* ウルトレイア / ultreia
   巡礼者を励ます言葉。「もっと前へ!」

* 栄光の門
   サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂にある、聖年にのみ開かれる門。

* エル・カミーノ・デ・サンティアゴ / El Camino de Santiago
   サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。
   フランス人の道とアラゴンの道、フランスの巡礼路の一部は世界文化遺産に登録されており、
   終着地のサンティアゴ・デ・コンポステーラはキリスト教の三大聖地。

* オスタル / hostal
   建物の一部が宿泊施設になっているホテル。
   アルベルゲに泊まるのがカミーノの醍醐味ですが、たまにはオスタルもいいですよ!

* オスピタレイロ / hospitareiro
   巡礼宿の管理をしている人。多くはボランティアだったりします。
   カミーノを知り尽くしている人たちなので、困ったことがあったら相談にのってくれますよ。

* オテル / hotel
   いわゆるホテル。


■か行 * * * * * * * * * *

* カサ・ルラール / casa rural
   宿泊施設、貸し部屋のようなところ?
   家族経営で 家の一部に巡礼者たちが泊まるかんじです。
   ガリシア州に入ると ちょこちょこと出現。

* クレデンシャル / credential
   巡礼者の必需品、スタンプ帳のようなもの。
   アルベルゲやバルなどでスタンプを押してもらいましょう。
   サンティアゴ到着時に巡礼証明書(コンポステラーノ)を発行いてもらいたい人は、
   徒歩の場合はサンティアゴまで100km圏内より、自転車の場合は200km圏内より、
   1日2個のスタンプを押すようにしましょう。

* コンプレート / completo
   満室。
   アルベルゲに着いてもっとも見たくないお言葉。ほかの宿を探さねば・・・とほほ。
   コンプレートとなっていても、もしかしたら予備のベッドや簡易ベッドがあるかもしれないので、
   念の為 オスピタレイロに聞いてみるといいかも!

* コンポステラーノ / compostelano
   巡礼証明書、コンポステーラとも。
   サンティアゴまでの100kmを徒歩または馬で、200kmを自転車で巡礼達成すると、
   サンティアゴの巡礼事務所で発行してもらえます。
   宗教、宗教およびその他、その他 の3種類があります。
   ちなみに、巡礼事務所の向かい側にあるお土産屋さんで、巡礼証明書を入れる筒が売られています。
   卒業証書を入れるあの筒のようなものです。2011年8月当時、1つ1ユーロでしたよ。


■さ行 * * * * * * * * * *

* サリア / Sarria
   フランス人の道にある街。
   サンティアゴ・デ・コンポステーラまで100kmチョイに位置していることもあり、
   ここから巡礼者の数がぐっと増える。
   オンシーズンではアルベルゲのベッド争奪戦が始まることも。

* サンティアゴ / Santiago
   聖ヤコブ。スペインの守護聖人。
   9世紀、聖ヤコブの遺体がスペインで発見され、墓が立てられました。
   その墓の上に大聖堂が建設されます。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂です。
   フランス語ではSaint-Jacques(サン・ジャック)、英語ではSt. James(セント・ジェームス)。

* サン・ジャン・ピエ・ド・ポー / Saint-Jean-Pied-de-Port
   カミーノ・フランセスで多くの人が出発地とする村。
   ピレネー山脈を歩いて、フランスとスペインの国境を越えます。

* サンティアゴ・デ・コンポステーラ / Santiago de Compostela
   数ある巡礼路の終着地、ガリシア州の州都。世界遺産の街。
   サンティアゴ・デ・コンポステーラのカテドラルの下には、聖ヤコブの墓があるといいます。

* サンティアゴ・デ・マタモロス、モーロ(ムーア)人殺しの聖ヤコブ / Santiago de matamoros
   レコンキスタのクラビホの戦いで、キリスト教側の兵士の危機に現れたという白馬に跨った騎士。
   これが聖ヤコブの化身だった、という伝説。
   カミーノを歩いていると、いろいろなところでサンティアゴ・デ・マタモロスの彫像を見ることができます。

* ジット / gite
   フランス語。巡礼者のための宿。
   アルベルゲと同じく、公営・私営・教会運営など種類があるようです。

* シャコベオ / xacobeo
   ガリシア語でカミーノのこと。
   うさぎのような姿をしたカミーノのマスコット、シャコベオ君もいます。
   1993年の聖年のキャラクターだそうです。
   ガリシア州に入るとあちらこちらで見かけます。

* シュマン・ド・サン・ジャック / Chemin de Saint-Jacques-de-Compostelle
   フランス語、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。

* 聖年、聖ヤコブの年 / Año Santo
   聖ヤコブの日である7月25日が日曜日となる年。
   普段は閉じられている、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂の聖なる門が開けられます。
   聖年は1122年に始まって以降 11、6、5、6年の周期でやってきます。
   最近では2010年が聖年で、次回は11年後の2021年です。

* 聖ヤコブ
   「サンティアゴ」の項 参照。

* セント・ジェームズ・ウェイ / St. James Way
   英語、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。

* セブレイロ峠 / Alto do Cebreiro
   カミーノ・フランセス(フランス人の道) 最後の難所。
   ピレネー越えに比べれば、苦ではない!と、私は思いました。
   ラス・エレリアスからラ・ファバまでが正念場。頑張って!


■た行 * * * * * * * * * *

* ドネティーボ / donetivo
   寄付、donation。
   アルベルゲの宿泊費がドネティーボとなっていたら、いくらお支払するかはあなた次第。


■な行 * * * * * * * * * *

* ナポレオンルート
   ピレネー山脈、かつてナポレオンがピレネー越えをしたという道。
   「ピレネーを越えるとそこはアフリカだ」のあの言葉の道です。
   サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからロンスボーまで、ナポレオンが歩いた道を行くことができます。

* 日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会
   日本におけるカミーノ・デ・サンティアゴの情報を提供するセンターです。
   サンティアゴ巡礼体験者の横のつながりを広げます。
   日本から提案できるカミーノに関わる活動を模索し実行します。(以上 友の会HPより抜粋)
   巡礼を決意したら、まずは友の会で情報収集!
   相談会などのイベント、クレデンシャルの発行、送り出しの祝福の儀などの企画・運営をしています。


■は行 * * * * * * * * * *

* パラドール / parador
   スペイン国営の宿泊施設。教会や歴史のある建物を改装したものが多く、大人気。
   フランス人の道では、サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダ、レオン、
   サンティアゴ・デ・コンポステーラにパラドールがあります。けっこうお手頃価格だったりする。

* フィステーラ、フィニステラ、フィニステレ / Fisterra, Finisterra, Finisterre
   ガリシア州沿岸の街。
   ムシアと共に サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの旅を終えた巡礼者が最終目的地とする場所。
   フィステーラの灯台の近くに、0.0kmのモホン(道標)がある。
   (いくつか呼び方があり、このブログでもひとつに統一できていません。すみません。)

* ブエン・カミーノ / Buen Camino.
   巡礼たちの合言葉。
   buen = 良い、camino = 道。

* ペレグリーノ、ペレグリーナ / peregrino, peregrina
   巡礼者。(ペレグリーナは女性形)   

* 星の巡礼 / O Diário de um Mago
   ブラジル リオ・デ・ジャネイロ出身の作家、パウロ・コエーリョ著。
   神秘の扉を目の前に最後の試験に失敗したパウロ。
   彼が奇跡の剣を手にする唯一の手段は「星の道」という巡礼路を旅することだった。
   自らの体験をもとに描かれた、スピリチュアリティに満ちたデビュー作。
   スペインの北部を東西に横切っている巡礼の道、「星の道」と呼ばれる古来からの道を歩いたことにより、
   オカルトや魔法に夢中だった著者が真のマスターへの道とは何かを発見するまでの物語。(Amazonより転載)
   多くの巡礼たちがこの本を読了して、巡礼の旅にやってきます。
   私も読んでみましたが、かなり難解でギブアップしそうになりました。笑
   コエーリョ著『アルケミスト―夢を旅した少年』のほうが好きだったりします。(・・・という人も多数。)

* ボタフメイロ / botafumeiro
   サンティアゴのカテドラルにある大香炉。
   フランキンセンス(乳香)を焚き、カテドラルいっぱいに振られる様子は圧巻。
   かつては汗や埃にまみれながら 長い道のりを歩いてやってきた巡礼者たちのニオイを紛らわすためだったとか。
   このボタフメイロを見ることが 私の目標の1つでした。
   ボタフメイロの説明と動画はこちらの記事で紹介しています → 【カミーノ準備】ボタフメイロのことを忘れてた

* ボデガス・イラーチェ / Vodegas Irache
   エステージャ、アジェギの次にある村、イラーチェにあるワイナリー。
   蛇口をひねると赤ワインが出てくる、“ワインの泉” があります。巡礼たちのお楽しみスポット。笑
   もちろん、無料です。ありがたやー。
   隣の蛇口からは水が出ます。


■ま行 * * * * * * * * * *

* ムシア / Muxía
   ガリシア州の沿岸にある小さな街。
   フィステラと共に サンティアゴ・デ・コンポステーラへの旅を終えた巡礼者たちが、最終目的地とする場所。



■や行 * * * * * * * * * *

* 許し(赦し)の門
   ビジャフランカ・デル・ビエルソの教会の正面にある門。
   中世、病気などでサンティアゴまでの巡礼を断念せざるをえない人も、
   この許しの門までやって来れば サンティアゴまで歩いたと同じこと、と 許されたんですって。


■ら行 * * * * * * * * * *

* ロマネスク様式、ロマネスク建築
   中世ヨーロッパの建築様式。西暦1000~1200年頃まで、ゴシック建築以前の建築。
   巡礼の途中でいくつものロマネスク様式の教会や建物があります。
   素朴で力強い、素敵な建物です。
   フロミスタのサン・マルティン教会や、サン・フアン・デ・オルテーガの教会が有名。


■わ行 * * * * * * * * * *




■その他 * * * * * * * * * *



関連記事
            

Comment

歩いてきました 次回はフランスから歩きたい。schwi

サンジャンから35日でフランス人の道 完歩。帰りには300ユーロの自転車を購入。で北ルートを帰ってきた。自転車は破損スペインへ置いてきた。次回 行けるのは多分2,3年後 パリから歩きたい。季節も秋からゆっくりとゆっくりと歩きたい。問題はガイドブック。日本のあの本は役に立たなかった。帰りは北ルートで帰ったのですが ドイツ本を手に入れて帰ってきた。宿が細かく書いてある。次回はフランスの本屋さんで手に入れるべきだ。事実 フランス本はかなり詳しい。村の配置図まである。 問題はフランス国内は宿の予約が必要らしい。現地でスマホ、(ナビ付)とフランスの最低限の会話は必要になる事。出来たら往復で6か月位かけてゆっくりと 旅をしたい。 筋力もつける必要があるし。 ユースホステルも利用したい。時間があるので フランス、スペインの旅行会は勉強したいものです。

>wada様

巡礼達成おめでとうございます。
自転車で北の道を帰られたとは!すごいですね!
ガイドブックについては、私も同意見です。あれはなんというか、ガイドにはなりませんでした。
外国勢からもけちょんけちょんに言われ、反論もできず。
ガイドブックについては、やはり現地調達が一番良いのかもしれませんね。
次回はフランスからの巡礼とのこと。今からどうぞお楽しみください。
コメント、ありがとうございました。Buen camino!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。